セロトニンが含まれる食べ物ある?

 

セロトニンはホルモンで、直接的には食品に含まれているものではありません。しかし、セロトニンを体内で生成するためには、食べ物の栄養分が必要です。ここでは、セロトニンを作ってくれる材料についてお話しましょう。

 

心身の状態を穏やかに保ち、ストレスを減少させる働きがあるホルモン「セロトニン」。
セロトニンは、健康な日常サイクル、太陽の光を浴びたり、全身運動や呼吸、咀嚼などをすることで、増えることが知られています。
セロトニンは脳内ホルモンになりますので直接的にはセロトニンは食品に含まれているものではありません。

 

ですがセロトニンを体内で生成するために見逃すことのできないのが、必須アミノ酸の1種であるトリプトファンです。
今回は、セロトニンを作ってくれる材料についてご紹介します。

 

トリプトファンってどんな成分?

ドーパミンやノルアドレナリンと共に身体にとって重要な役割である3大神経伝達物質のひとつであるセロトニンは、不足すると精神が不安定になります。
その結果のひとつとしてうつ病などの精神の病気を発症する危険が高まると考えられています。

 

そのため、セロトニンにスポットを当てるとを運動・健全な日常サイクル・睡眠と同じく大切な食生活も見直す必要があります。
セロトニンを増やすのに欠かすことのできない成分がトリプトファンです。

 

トリプトファンは必須アミノ酸ですから、残念ながら体内では生成されません。
ですのでセロトニンを増やしたい場合はトリプトファンを多く含む食品を摂取することが必要になってきます。

 

トリプトファンには、脳に運ばれるとセロトニンを生成する働きがあります。

 

 

セロトニンを増やす食品

ここではトリプトファンを多く含む食品をみていきます。

トリプトファンが摂取できる食品

肉類(赤身の牛肉、脂身を取り除いた豚肉など)、魚類(カツオ・マグロ)、乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト)、大豆製品(豆腐・納豆・しょうゆ・味噌)、ナッツ類(アーモンド・ピーナッツ)、バナナなど、身近な食品に多く含まれています。

 

 

ビタミンB6の必要性

ここで重要なことがもう一つ・・・トリプトファンは、単独ではセロトニンになりません。
セロトニンを生成するためには、トリプトファン以外にも必要なものがあります。
それは太陽の光・糖などありますが特に接種に気を配るのがビタミンB6です。
ビタミンB6は水溶性の物質なので、体内に何日もとどめておくことができません。
ですので毎日の食事の中でこまめに摂取することが大変重要です、日々の食事から改善していきましょう。

ビタミンB6が摂取できる食品

肉類(レバーや豚肉、鶏肉)、魚類(かつお、まぐろなど)、豆類、バナナ。

 

ひとつの食材で両方ともとれるものも多くありますので食材選ぶ際はよく調べて行うと効率よく「トリプトファン」「ビタミンB6」を摂取することができます。